豊富な食物繊維で一目置かれるキノコ|コレステロールの調整を図ろう

目眩がするなどの症状

女性

血が足りない

貧血は、血が少なくなって起こります。症状はクラクラしたり目眩が起きたり、倒れたりと言ったものです。症状は一時的なものであるため心配はいりませんが、倒れたりすることは怪我にも繋がるため対策も必要です。立ちくらみなどの症状は、起立性低血圧である可能性もあります。どちらが原因であるかは血液検査や血圧を測ることでわかります。ヘモグロビンなどの成分が少ない場合、貧血が起こりやすくなります。自覚症状がなくても血液検査をしてみると、貧血状態になっていることがあります。貧血自体は危険な疾患ではありませんが、栄養不足などになっていることもありますので、貧血であると自覚した場合には鉄分などの摂取を行うようにしましょう。

心がけること

貧血が起きた場合は、まずはすぐにしゃがむようにしましょう。倒れた場合でも座った状態であれば問題はあまりありません。また、横になれる状態の時は足を上に上げて頭を下げることによって、頭に血液が行きますので治りが早くなります。貧血が起こってしまった時には、安静にしておくことで悪化を防ぐことができます。起こる前の対策としては日頃から運動を心がけたり、鉄分の含まれたサプリを飲むなどが効果的です。鉄分の多い食品が苦手な方でも、サプリであれば問題なく飲むことが可能です。鉄分は飲みすぎるのも良くないため、記載されている摂取目安量は守るようにしましょう。貧血が起こりやすい方は、病院に行っても鉄分の薬をもらうことができます。